産後ケア

産後ケア事業(千葉市委託事業)

「出産後、家族に手伝ってもらえない」「授乳や沐浴がうまくできるか心配」など、育児に不安があり、サポートが必要なお母さんと赤ちゃんを対象に家庭訪問や宿泊入院を通じて、助産師がお母さんと赤ちゃんのケアを行います。

対象

千葉市内在住のお母さんと生後4か月まで(5か月未満)の赤ちゃん(事前に登録が必要となります)

内容と種類

  • お母さんと赤ちゃんの健康管理
  • 授乳方法の指導、乳房ケア
  • 沐浴、抱き方等の育児方法の実技指導、助言
  • 赤ちゃんの身体計測、発育状態の観察
  • お母さんの休息(入院)など

利用可能な回数・日数

退院後、赤ちゃんが生後4か月まで(5か月未満)の間に、訪問が通算7回、入院が通算7日です。

利用者自己負担額

世帯の課税状況により、利用者自己負担額が異なります。

世帯種別 訪問 入院
1泊2日 2泊3日
課税世帯 2,400円 12,000円 18,000円
非課税世帯 1,200円 5,000円 7,500円
生活保護世帯 0円 600円 900円
注意
車での訪問の場合、駐車場の確保をお願いいたします。

利用までの流れ

MEMO
詳しくは千葉市産後ケア事業のページをご覧ください
http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/shien/29sangokea.html
1.事前に登録をします
事前に登録が必要です。登録申請は、出産予定日の2か月前から受け付けます。
登録の申請先は、お住いの区の母子健康包括支援センターです。

【母子健康包括支援センター(保健福祉センター健康課内)】
中央区 043-221-5616
花見川区 043-275-2031
稲毛区 043-284-8130
若葉区 043-233-6507
緑区 043-292-8165
美浜区 043-270-2880

2.お子さんが生まれたら、母子健康包括支援センターに連絡します
お子さんが生まれたら、お住いの区の母子健康包括支援センターに、お電話をください。利用の際に必要な「利用承認通知書」を発行します。

※お子さんが生まれる前でも利用の予約ができる場合があります。その場合は予約を先にしていただいて構いません。ただし、利用予約には登録証が必要です。

※利用予約を先にした場合でも、お子さんが生まれたら、同じく母子健康包括支援センターに連絡をしてください。

3.利用の予約をします
利用したい日が決まったら、電話かメールにてご連絡ください。

※お子さんが生まれる前でも利用の予約ができる場合があります。その場合は予約を先にしていただいて構いません。ただし利用予約には登録証が必要です。

4.産後ケア事業の利用
利用の際は、「千葉市産後ケア事業登録証」及び「利用承認通知書」の提示が必要です。
5.お支払い
利用終了時に、自己負担額をお支払いいただきます。

産後ケア入院について

利用時間

15:30~翌10:00

持ち物

母子手帳・歯ブラシ・洗面用具・赤ちゃんの持ち物(着替え、調乳用品、おむつ、おしり拭き等)

入院後の流れ

1泊2日の入院から退院までの大まかな流れは下記のようになります。
料金には各種ケア・保健指導料、食事代、居室利用料、寝具利用料、雑費が含まれます。また全部屋個室で、お部屋での食事となります。
大体の目安であり、必ずしもこの通りではありません。

入院(15:30~)
  • 入院についての説明
  • 問診、赤ちゃんの体重測定等
  • 身体とおっぱいのケア、授乳指導
  • 赤ちゃんの沐浴、育児相談等
夕食(18:30~19:30)
手当等
朝食(7:30~8:30)
退院準備、料金精算等
退院(~10:00)