令和4年度通常総会を開催しました

理事長 小林哲朗

令和4年度通常総会を5月15日千葉市松ケ丘公民館にて開催しました。議案は令和3年度の事業活動報告、および会計報告の承認でいずれも賛成多数で可決されました。令和3年度を振り返ってみると、事業の柱である助産所事業が大きく落ち込みました。分娩取扱い数が伸びず、開業以来最低となりました。ピーク時の半分以下です。やはりコロナの影響が大きいのではないかと思われます。若草助産院のお産の数はもともと少なく、また助産所という特殊性があるので一般の産科施設におけるデータや動向がそのまま当てはまることは通常あまりありませんが、ここ1、2年は日本全体で出生数が大きく落ち込んでおり、同じ傾向が見られます。

分娩数や外来保健指導の来院者が減った一方で、看護学生の実習受け入れの数はかなり増えました。もともとは地域の助産所の数が減少していることを背景として数年前から増加傾向にありましたが、コロナ下では病院においても学生の実習受け入れ施設の確保がより難しくなっていることもあり、NPO法人として一定の役割を果たすことができたのではないかと考えています。

助産所以外の事業では、千葉市の習いごと応援キャンペーンの事業として行ったレイキ伝授の受講者数が予想以上に多く、とても好評でした。経費の面でみると、助産所のミノルタ黄疸計購入の出費が大きかったです。黄疸計は新生児ビリルビン脳症を予防する目的で新生児の黄疸を測定する医療機器で、ほぼ全ての産科施設で使われていますが、開院当初から使っていたものがいよいよ使えなくなり、新しいものを購入することになったのですが、以前に比べてかなり値上がりしており、大変な出費となってしまいました。コロナの支援金で何とか凌ぎましたが、なかなか厳しい状況が続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です