母と子のテルミー開催しました!

参加して下さった方は5名でした。みんな若草産まれの赤ちゃんで、久しぶりにお会いできて、とてもうれしく思いました。まずは、テルミーはどうやって開発されたかの説明、テルミー自体に副作用はなく、西洋医学との併用でも大丈夫です。という説明がありました。実際に、器具を使ってお子さんにかけてみました。テルミー線というテルミーのもぐさに火をつけて赤ちゃんたちにお母さんが施術してみました。火を使うので、怖がってできない方もいるようですが、参加者の皆さんは臆することなく、もう自分のテルミーのように上手にかけていたようでした、テルミーは、自動テルミー、全身テルミー、局所テルミーと言ってかける場所によってテルミーの呼び方があるようですが、皆さんどれも楽しんでいたようでした。簡単にできて、暖かく気持ちいテルミーはとても好評でした。療術師の高山助産師は、皆様とても上手にかけており、次回は個別の対処法について体験会ができればいいなと感想をのべておりました。参加して下さった皆様の感想は、気持ちよかったです。というものが大半で、もっとやってみたい!家族にもしてあげたいです。などなどがありました。次回は春のお手当などできればいいかなと考えています。
イトオテルミー療法はどんな療法?
体にぬくもりと刺激を与えることで自然治癒力に働きかけ、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法
特徴
子どもからお年寄りまで家庭で簡単に掛け合いができ、自分自身にもかけられます
テルミーのぬくもりは優しくおだやかです
副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません
代表的な適応症状
全身症状・・・発熱、微熱の継続、不眠、疲労、むくみ、冷え、二日酔い
あたま、顔の症状・・・頭痛、目の疲れ、鼻つまり
胃腸症状・・いもたれ、便秘、下痢
首肩腰の症状・・・肩こり、腰痛
手足の症状・・ひじの痛み、手首の痛み、ひざ痛
皮膚の症状・・かゆみ、吹き出物
心の症状・・いらいら、食欲不振
外傷・・・擦り傷、切り傷
療術師からテルミーの説明です

冷温器を使って摩擦法、点さつ法、空間法、などなど、やけどや湿疹にも対応できるかけ方をお話ししています。
ためしに使ってみます。自動テルミー

足もできます(^^)

赤ちゃんにもやってみよう!

赤ちゃんたちは泣くこともなく、まったり、癒されているようでした。また企画しますので
皆s間のご参加お待ちしております(^^)//
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です