千葉市習いごと応援キャンペーン対象の講座はこちらをご覧ください

訪問指導

今日は、訪問指導に行ってきました。
赤ちゃんは生まれて1週間のほやほやの赤ちゃん。
「おっぱいを上手に飲めないので、
            搾乳して哺乳瓶であげています」とお母さん。
搾乳のしすぎでお母さんのおっぱいはパンパンでした。
私が
一番心配に思ったのは、
赤ちゃんが哺乳瓶の乳首に慣れてしまい、
直接母乳から飲むことを嫌がってしまうのではないかということ・・・・・
しかし!!!
赤ちゃんは、ちょっとだけ、飲み方をお手伝いしただけで、
ごくごくと元気よく、お母さんのおっぱいから、直接飲みはじめました  
おっぱいを飲んだ直後の赤ちゃんの満足そうな表情です
 
やっぱり、できたてのおっぱいを直接飲むのがおいしいですよね

ひとりでも多くの赤ちゃんが
お母さんからのあったかい母乳を
一滴でも多く飲めるお手伝いができることがうれしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です