千葉市習いごと応援キャンペーン対象の講座はこちらをご覧ください

助産師学生さんの実習

先日、助産師学生さんが助産院に実習に来ました。残念ながらお産に立ち会うことはできませんでしたが、2日間は内容の濃い実習になったのではないかと思います。私が印象に残ったことは、実習最終日に初診でいらした方がいました。その方の妊婦検診を終えて学生さんが一番に、今の方はどんな妊娠経過になるとアセスメントしましたか?という質問がありました。私は診たままに、妊娠中はお腹が張りやすくなるかもしれないこと、貧血が出てしまうかもしれないこと、もしかしたら一度逆子になるかもね、何てことをを話しました。
ふ~~ん。。。
と言っていましたが、
そうならないように自己管理してもらって、助産院で経過を見られるようにしていくのは黒子の仕事です。ですが、そんな会話が学生さんとできるなんてなんだか嬉しくなりました。
助産院で、正常なお産を診ていく産婆の役割が少しでも見てくれたらいい、と考えていたので、たった2日間の実習でしたが、いい経験ができたのではないかと思います。
私も慣れないことで疲れましたがいい経験をさせてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です