学校給食についての話し合い

昨日、市の教育委員会の給食担当者と、栄養士の方に千葉市の学校給食について聞いてきました。話した主な内容は
・自校方式と給食センター方式のメリットとデメリット
・給食に地場産の物をもっと取り入れることは可能か
・米飯を5回/週に増やすことはできないか
・栄養士が地場産のものを購入できるように農政センターと連携をとることはできないのか
・地区ごとであれば、地場の食材を提供することは可能ではないか
・変な組み合わせメニューの給食について
・残菜率、処理について
・給食に関する子どもへの調査を行う必要があるのではないか
・給食費滞納について
・栄養士の仕事について
・主食を持ってくることについて
(市の保育園では3歳以上はご飯を持ってくる事になっている。学校でもそれをしたらどうか)
などなど。
いろいろ聞かせていただくことができました。
次回は、現場の栄養教諭に聞く!!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です