千葉市習いごと応援キャンペーン対象の講座はこちらをご覧ください

悩みどころ

昨日、手当て法の講座に行ったおたんこ。絶好調です!!講座を受けてそんな事で代わるのかなあなんて半信半疑でしたが、今日は昨日学習したことを気をつけていたらいつもとはやはり違う感じでした。思うのは、この効果をどうやって皆さんに示していくかということ。手当てを受けた後と前での違いを聞き出したいとも思いますし、また違う方法でうまく数値化できればいいなあと考えたり。いろいろ悩んでいます。産婆は手や五感をよく使う仕事です。お産の時の陣痛の強さは手で測りますし、おっぱいのしこりも手で感じます。また、内診もそうです。産婦さんの息遣いや、表情、手に赤ちゃんが下りてくる感覚などでお産の時期を見計らいます。なので、この手当て法は産婆にはうってつけ!だと思うのです。最近若草で働いている産婆も、講習なんか受けなくても手当てしていて、何だか頭がピリピリしますねえ。なんて感じてますから。誰にでもできて、すごくいい技になると思うんだけどなあ~~~
これは、本当にいいのでたくさんたくさん広めたいなあ・・・
それにはまず他の人に分かるようにしなくてはいけませんね。
どうしようか、悩みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です