よくある質問 ― 全般

Q1.助産院での出産は病院での出産とどう違うのですか?

病院の出産は、産科医が管理を行いますが、助産院では、妊娠中の体調管理から出産、新生児の管理まで、全て助産師が行う点が一番違います。また、助産院では正常な経過の妊婦さんしか出産ができないので、多くの助産院が妊婦や赤ちゃんに異常が起きないよう体調管理に気を配ったり、安産に向けての体作りを行ったりしていることも大きな違いです。もちろん若草助産院でも、妊婦さんに合わせた指導等を行っています。助産院では、医療の力を借りるのは必要最低限にとどめて、自分の力で出産に臨むため、出産後の満足感、達成感がより高くなるかもしれません。

その他、出産ではありませんが、助産院では母子同室で母乳育児の指導が充分受けられることも特徴の一つと言えます。

Q2.助産院に興味がありますが、何かあった時の事を考えると不安です。

確かにお産にリスクは付きものですが、やり方によっては、そのリスクはかなり軽減することができると私たちは考えています。まず助産院では産める方をかなり絞っています。その上で、妊娠中の体調管理、安産に向けた体作りを行っています。また若草助産院では、嘱託医療機関との間で独自のガイドラインを作成して、異常時の処置や対処法を定めるとともに、充分連絡を取り合うことで、母子の安全を守ろうとしています。

その他、事前に嘱託医と相談し、想定できる緊急事態に備えるために必要最低限の薬剤や酸素等も準備しています。

Q3.緊急搬送が必要な時は大丈夫でしょうか?

当院では、安産に向けて、妊娠中から体調管理と体作りを十分に行っていますが、それでもお産には何が起こるか分からないところがあります。仮に、当院で出産の時に異常になり、救急車で搬送される場合は、事前に嘱託医療機関と連絡を取って搬送することを確認してから行うことになります。そのため、救急搬送が拒否されて、受け入れ先が見つからない状況になるという心配はまずありません。なお、当院から嘱託医療機関までは車で10分ほどの距離です。

Q4.出産育児一時金の直接支払制度は利用できますか?

利用できます。

 

Q5.損害賠償保険のようなものに加入していますか?

万一の事故に備え、助産所責任保険に加入しています。

 

Q6.産科医療補償制度に加入していますか?

万一の事故に備え、産科医療補償制度に加入しています。

産科医療補償制度は、平成21年1月1日より開始された、お産で赤ちゃんが重度脳性麻痺になった場合に保険金が支払われる制度です。

産科医療補償制度について  http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/


ページの先頭へ