助産院でのお産について

女性は本来、自分自身で産む力が備わっています。その力を十分に引き出すことが助産師の役割です。医療者が何かを施すのではなく、妊婦さん自身が心身ともに健康に過ごし、出産力を最高に上げていき、自分の力で出産することができるのが助産院のお産です。助産師は、お母さんと赤ちゃんのリズムを最大限に優先してお産を見守っていきます。

一番大事なのは健康な体作り

自分の力で出産するために一番大事なことは健康な体作りです。出産は自然な営みに違いありませんが、一方で私たち現代人の日常生活が、自然とはあまりにもかけ離れていることも確かです。普段の生活が自然ではないのに、お産は自然にしたいというのは、それほど簡単なことではありません。

正常な妊娠経過をたどっている方であれば助産院での出産は可能ですが、妊娠・出産にはそれなりのリスクがあり、このリスクをできるだけ低くして、自分の力で産みきるには、安産に向けての健康な体作りが不可欠といえます。

妊娠中のマイナートラブルと言われている冷え、腰痛、便秘、肩こり等は自律神経が乱れて起こると考えられています。若草助産院では、こうした症状の改善も図りながら、より健康な体作りを目指していきます。

家族で迎える出産

助産院では立ち会い出産が基本です。家族で迎える出産です。

お産の時は、家族に見守られながら、ゆっくりとした時間の中で赤ちゃんを迎えることができます。お兄ちゃんやお姉ちゃんも、お産に立ち会うことで、自然と赤ちゃんを受け入れることができるようになります。

当院で出産ができない方

助産院では、心身が健康で正常な妊娠経過をたどっている方が出産することができます。以下のような場合は当院での出産はできません。

  • 以前に帝王切開をしたことがある場合
  • 双子や逆子の場合
  • 赤ちゃんが小さい、または赤ちゃんに異常が見つかった場合
  • 羊水が少ない、または多い場合
  • 胎盤の位置が子宮口に近い、或いは子宮口に重なっている場合
  • 妊娠性糖尿病、妊娠性高血圧症候群などを発症した場合

その他の症状についてや、ご不明な点などがありましたら、お電話でご確認ください。


ページの先頭へ