新しいお産のかたち

病院内助産システム

病院内助産システムとは

病院内で、助産所のように、正常範囲のお産を助産師だけで取り上げる体制を病院内助産システム(院内助産院システム)といいます。通常の医師の監督、指示のもとに行うお産に対して、助産師コースともいうべきものです。最近の、より自然なお産を求める流れもあり、このシステムを採り入れたり、採用を検討したりする施設が、少しずつ増えているようです。

主な特徴

  • 検査は通常のお産と同様に行い、妊娠経過が順調で、希望する妊婦が病院内助産システムを利用することができる。
  • 妊婦健診の時から、助産師が関わる。
  • 分娩台の代わりに、畳などのスペースが設けられていることが多い。
  • 正常範囲のお産は助産師だけで取り上げる。
  • 異常と判断されたときは、医師の監督、指示のもとにお産を取り上げる通常のコースに戻る。

主なメリット

  • より自然なお産ができる
  • フリースタイルのお産ができる
  • 家族が立ち会っての、家庭的な雰囲気のお産ができる。

施設によって違うこと

  • 妊婦の受け持ち制がある。
  • 安産を目指す、体づくりの指導がある。
  • 助産師コース専属の助産師がいる。

病院内助産システムの意義

もともと助産師は、正常な範囲のお産は、自分自身の判断で取り上げることができますが、このことは、社会的にはそれほど認知されていないようです。お産の時には、医師が立ち合わなければいけないと勘違いしている産婦は少なくありません。ただし、法律上は全く問題がありませんが、実際には、内部規則で、医師の立ち会いを求めている施設がほとんどですので、助産師だけで取り上げますよということを、改めて施設の内外に表明するということが、病院内助産システムの一番の意義かもしれません。

また、お産に主体的にかかわりたいとする助産師のモチベーションが上がり、結果として、いいお産につながることも期待されます。

産科オープンシステム

産科オープンシステムとは

医療でいうところのオープンシステムとは、総合病院など、大きな病院を開放(オープン)し、診療所の個人医などがその設備やスタッフを利用できるようにする仕組みのことをいい、欧米ではかなり一般的に行われています。

産科のオープンシステムでは、妊婦健診は診療所で行い、お産は病院で行ないます。診療所の医師が病院に出掛けて行って、主治医として立ち会うのが本来の意味でのオープンシステムですが、病院の医師が主治医として立ち会う場合をオープンシステムに準ずるものとして、セミオープンシステムと呼ぶこともあります。尚、産科のオープンシステムは、助産院が利用できる場合もあります。

産科オープンシステムの利点、欠点

お産はいつ始まるか分からないので、産科医は当直が多く、夜勤の時間帯に、お産を取り上げ、そのまま次の日に外来診療を行うことも珍しくありません。産科は労働環境が厳しい上に、訴訟も多いことから、他の診療科に比べると、産科医の数は減少傾向にあります。

入院施設を抱えている診療所の産科医が、お産の度に、病院に出掛けて行くのはかなり大変なので、診療所の数が多い日本では、オープンシステムよりも、セミオープンシステムの方が、現実的と言えるかもしれません。いずれにしても産科(セミ)オープンシステムは、現在産科の置かれている厳しい状況の改善に寄与するとの期待があります。具体的には、医療側に、大きく次のようなメリットがあると考えられます。

◆安全性の向上

  • オープンシステムの中核となる病院は、最新の設備が揃い、スタッフの数も十分なので、救急処置が必要な場合に、素早く、適切な対応を取ることができます。
  • 診療所の医師も、オープンシステムを利用することにより、最新の医療技術に触れることができ、よい実地研修の場とすることができます。

◆産科医の労働環境の改善

  • マンパワーを集中させることにより、労働環境を改善することができ、休日も取りやすくなります。

産婦の側から見ると、バックアップ体制が充実するのは安心ですが、他方で、セミオープンの場合は主治医が変わることになるので、不安が残ります。

(「お産プラン作りに活かすお産ハンドブック」2006年3月30日)
このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.