雰囲気・スタッフとの相性

医師や助産師、看護師との相性

お産に限らず、医療施設を選ぶ時の判断材料として、スタッフとの相性の善し悪しはとても大きな要素の一つです。知識や技術はもちろん大切ですが、お互い信頼関係が築けてこそ、いいお産ができるというものです。特に診療所や助産所の場合は影響が大きいので、性格的に、あまりに合わないと思ったら、思い切って違う施設に変えることも検討した方がいいかもしれません。

希望や要望を尊重してくれるか

いろいろな事情から、こちらの要望に全て応えるという事は難しいかもしれませんが、要望自体が突拍子もない事でない限り、少なくとも話に耳を傾けて、できるだけ希望を叶える姿勢が欲しいものです。「うちではそういう事になっているから」の一言で終わりにする所は?かもしれません。
ちなみに、大きな病院ほど規則に縛られていて、規則外の事はできないことが多く、個人の診療所や助産所は、割合融通が利きやすいという傾向があります。

キチンと説明してくれるか

病院や診療所なら医師が、助産所なら助産師が検査や処置の内容、妊娠経過、注意事項などといったことをキチンと説明してくれるかどうかは大切な事です。病院の場合はなかなか時間が取れないかもしれませんが、時間が短いなりにも、できるだけ伝えようとする姿勢があると、信頼が増すものです。また同様に、こちらの話を聞いてくれるかというのも大切です。妊娠中は精神的に不安定になりがちで、些細なことで不安になったり、ストレスに感じたりすることがありますので、話を聞いてくれるだけで落ち着いたり、安心したりするものです。

こういう事に対して、忙しいから無理だとか、できないけれど仕方がないという意見もありますが、そんな事はありません。説明するとか、話を聞くとかいう事はサービス業の基本であり、当然行われるべき事だからです。

プライバシーは確保されているか

その施設が、プライバシーに対する配慮があるかどうかというのも、大切なチェックポイントです。空き空間が、十分ないなど、施設上の都合で、難しいこともありますが、何かしらの気配りは、欲しいものです。診察中に、知らない人が勝手に入ってくるなどということが、当たり前のようであると困ります。プライバシーに対する配慮のあるなしと言うのは、ある意味、顧客に対する姿勢の現れの一つですから、これがあまりに無頓着であるようだと、ほかの場面でも、嫌な思いをする事があるかもしれませんので、注意が必要です。

 

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.