母乳育児とお産

お産も大事

お産はともかく、母乳にはこだわりたいという人も少なくありません。しかし、意外な落とし穴があることがあるので注意が必要です。すなわち、母乳育児には定評があっても、お産の評判は必ずしも良くない施設もあるということです。お産があって、育児があるわけで、いいお産は、いい育児(特に母乳育児)につながりますし、そのまた逆もあるわけです。

例えば、陣痛の早い段階からいきませ、赤ちゃんもお母さんも疲れたところに、陣痛促進剤を使用、結局赤ちゃんの心音が落ちて、緊急帝王切開ということにでもなったら、はっきり言って、母乳育児どころではありません。それでも赤ちゃんを預かってもらって休めるならいいのですが、「ウチは母乳育児推進、母子同室です」となったら、それこそ、疲れてヘロヘロの状態になり、母乳育児なんて嫌いになってしまう可能性さえあるわけです。そんな時は、何が何でも母子同室というのではなく、お母さんが疲れてどうしようもない時は、赤ちゃんを預かってくれる施設の方がむしろ助かります。

病院の方針

出産前に、産科医に母乳で育てたいと話したところ、いいですよと言っていたので安心していたら、出産後も特に授乳の指導もなく、看護師に勝手に人工乳を足され、挙げ句の果てに、「あなたのおっぱい出ないのよ」などと言われてしまった・・・。

こんな話が実際にあります。これは、医師がいいと言ったので、当然母乳育児のサポートがあるものと勘違いしてしまった例です。赤ちゃんの体重が増えていれば、母乳であろうと、人工乳であろうと、特にこだわらない産科医は少なくありませんので上述のような会話も出てくるわけですが、必ずしもスタッフの支援体制がそろっていることを意味するわけではありません。病院の方針として、母乳育児を推進している、或いは、希望者にはきちんと指導をするということが決まっていないと、十分なサポートはなかなか得られないのが実情です。

 

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.