施設の大まかな分類とその特徴

病院

大学病院、総合病院

ハイリスク、或いは多少リスクのある人向き

【特徴】

設備が整っていて、スタッフの数も多いので、何か異常があった時でも、帝王切開を含めてスムーズに対処できます。小児科もあることがほとんどで、その点も心強いです。ほとんどの施設でNICUがあります。

一方で、診察の待ち時間が長い割に、診察の時間が短い傾向があったり、いろいろな人が出入りするので、別の病気をもらう可能性があったりするなどの短所もあります。

産科専門病院、地域の基幹病院

ローリスク、多少リスクがある人向け

【特徴】

複数の医師がいるので、安心感があります。急な帝王切開にもすぐに対応できます。

中小規模の病院

ローリスク向け

【特徴】

複数の医師がいて、小児科が併設されていることが多い。

診療所

複数医師、一人医師

ローリスク向け

【特徴】

最も身近な存在で、数としてもいちばん多い施設。病院に比べて、融通が利きやすいというメリットがあります。また、一人医師の場合、事前に取り上げる人が分かっているという安心感があります(医師が取り上げる施設の場合)。他方で、妊娠経過が多く思わしくない場合は、他院へ紹介されるというケースも少なくからずありますし、分娩時の容体が急変した場合には、対応が遅れるという心配もあります。

助産院

有床、自宅

正常産のみ

【特徴】

助産院では、薬の処方や手術などの医療行為を行うことができないので、ローリスクの正常産のみ扱うことができます。

昔の産婆さんの多くが開業助産婦になり、一時はかなりの数の有床助産院がありましたが、時代の流れもあって次第に減り、現在助産院は産科施設全体の1%余となっています。しかし近年は、自然派志向の流れからか、わずかながら増えてきています。

 

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.