お産がなかなか進まない時

難産

お産にかかる時間は個人差が大きいので、少し長いからといってすぐに異常だというわけではありませんが、あまり長引くようだと、何らかの異常があるのではないかと心配されますし、母子の体力の低下も懸念されます。
陣痛の周期が10分以内になった時を起点として、初産婦で30時間、経産婦で15時間経っても赤ちゃんが生まれないお産を遷延分娩といいます。いわゆる難産のことです。

お産が進まない原因

お産が進まない原因は様々ですが、その一例を挙げます。

産道に起因するもの

児頭骨盤不均衡、軟産道強靭

分娩力に起因するもの

微弱陣痛

胎児およびその付属物に起因するもの

回旋異常、胎位異常

お産がなかなか進まない場合の対処法

お産が長引いて、自然には産まれないと主治医が判断した場合、母子の安全を図るために様々な処置を行うことになります。どのような処置を取るかは、母子の状態や医療体制の状況を勘案して、総合的に判断しますが、赤ちゃんが子宮から産道にかけて、どのくらい下りてきているかという、その位置も一つの大きな判断材料となります。

<赤ちゃんがまだ十分下りてきていないときに行うことが多い処置>

陣痛促進剤の投与

子宮の収縮力が弱く、また収縮の回数が少ない陣痛のことを微弱陣痛といいますが、陣痛が微弱で、お産の進み具合に問題があると判断した時に、陣痛を人工的に強くする目的で使う薬を陣痛促進剤といいます。陣痛促進剤を使用するときは、必ず分娩監視装置を使って、常に赤ちゃんの状態を把握しながら行います。

なお通常、陣痛促進剤の投与を、夜勤の時間帯から始めることはありません。夜にかかる場合は、次の日以降に投与することになります。(日勤から継続的に投与することはあります)

帝王切開

緊急帝王切開になる場合

<赤ちゃんが下りてきているときに行うことが多い処置>

鉗子分娩

膣から鉗子と呼ばれる器具を挿入し、赤ちゃんの頭を挟んで引き出す方法。赤ちゃんがもうそこまで来ているのに、なかなか出て来られない場合に行いますが、母子を傷つけてしまう危険性もあります。

吸引分娩

吸引カップを赤ちゃんの頭に装着してから、カップと反対側の方から圧力を抜いてカップを頭に吸着させ、それを引っ張ることで赤ちゃんを引き出す方法。

クリステレル法

赤ちゃんがもうそこまで来ているのに、なかなか出て来られない場合に、医師または助産師が両手でお腹を押して、分娩を促進させる方法。クリステラー胎児圧出法ともいいます。

 

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.