逆子(骨盤位)

骨盤位(逆子)

子宮内は羊水で満たされていますので、赤ちゃんは比較的自由に動くことができます。特に妊娠中期までは、体も小さいので、様々な体勢を取っています。どんな体勢を取っているかで幾つかに分類分けすることができます。

頭位

赤ちゃんの頭が下を向いている状態。通常の状態。

骨盤位

赤ちゃんの頭が上を向いている状態。いわゆる逆子のことです。逆子は赤ちゃんの位置によって、臀位(おしりが下)、膝位(膝が下)、足位(足が下 )に大別されます。

横位

赤ちゃんの頭が骨盤軸に対して横になっている状態

斜位

赤ちゃんが骨盤軸に対して斜めになっている状態

逆子は妊娠中期には比較的多く見られ、妊娠後期にかけて頭位になっていく場合がほとんどですが、それでも妊娠末期になっても5%前後の人が逆子のままであるといわれています。逆子は赤ちゃんが出てくる時に脚などが引っかかり易く、出てくるのに時間がかかったり、出て来られなかったりする危険性が高くなります。

頭位に比べて、その他の状態はリスクが高くなり、帝王切開にすることを検討する対象になります。ただ、必ず帝王切開しなければならないという訳ではなく、本人の希望によっては、状態をみて、経膣分娩を試みる場合もあります。臀位は比較的トライしやすいといわれています。

赤ちゃんの位置などの状態に関わらず、正期産に入っても逆子であれば帝王切開などと決めている施設も少なくありませんので、心配であれば、早目に確認しておいた方が良いでしょう。

逆子の矯正

逆子での経膣分娩は通常の頭位でのお産に比べてリスクが高いので、直るならば、お産になるまでに直しておきたいところです。逆子を矯正する幾つか方法が知られています。

外回転術

逆子または横位にある胎児を、お腹の上から回転させて頭位にする手技のことを外回転術といいます。頭位に直る可能性が高いといわれていますが、胎盤が剥がれるなどの危険性もありますので、慎重に行う必要があります。他に、膣の中に手を入れて行う内回転術もあります。

逆子体操

逆子を直す体操というのが一般に知られています。うつ伏せになり、肘を曲げ、顔を右か左に向けます。胸を床につけたままお尻を高く持ち上げ、その姿勢を10分から15分維持します。この体操が、逆子の矯正に効果があるとの科学的データはありませんが、効果があったとの声もありますので、試してみる価値はあるかもしれません。

お灸

足の三陰交や至陰というツボにお灸をすえると効果があるといわれています。

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.