早産

早産とは

妊娠22週から37週以前の出産を早産といいます。生まれた子どもは小さく、身体機能も未熟なので、新生児集中治療室(NICU)という専門の施設に入院することになります。(早産であっても、妊娠週数が37週に近く、呼吸や哺乳に問題がなければ、一般の産科病棟で経過をみることもあります。)

定期健診の目的の一つに、早産を未然に予防するということがあります。もし切迫早産(早産の可能性がある状態)と診断されたときは、安静にして張り止めの薬を内服したり、入院管理をおこなったりして、妊娠37週以降(正期産)まで妊娠継続ができるように治療を施します。

早産になったら

NICUを持たない施設で、早産を避けようとしても、それができなかった時は、大学病院や周産期母子医療センターなど、NICUを持ち、より高度な医療が受けられる施設に母体搬送されることになります。

周産期母子医療センター

周産期とは妊娠満22週から生後満7日未満のことをいいます。周産期母子医療センターは、この周産期および、その前後の妊娠出産の期間に母子の容体が急変、悪化したときなどに、産科・小児科双方の適切な処置が受けられる施設です。高度な設備と充分な医療スタッフの配置があり、通常24時間体制で受け入れ可能です。

母体搬送

母体搬送とは、母体または胎児、或いはその両方に危険がある場合に、妊産婦をより高度な医療が受けられる機関に搬送することをいいます。

新生児集中治療室(NICU)

新生児集中治療室とは早産児や低出生体重児、或いは状態が良くない新生児を集中的に管理して治療する専門の施設です。周産期母子医療センターや大学病院などの施設に設置されています。

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.