助産師外来と出産準備教室

助産師外来とは

普通、病院や診療所で外来診療というと、医師が行いますが、医師の代わりに、助産師が行う外来のことを助産師外来といいます。助産師外来の内容は施設によってかなり異なりますが、通常医師が行うのと同じ妊婦健診の他に、保健指導を行ったり、出産育児に関する疑問・質問に答えたりするところが多いようです。

聞きたいことや相談したいことはたくさんあっても、忙しそうでなかなか聞けなかったり、何となく話ができなかったりということはよくあります。そんな時は助産師外来に入ってみることをお勧めします。お産で分からないことはよく聞き、お産に対する自分の希望や考え方などがあれば、キチンと伝えておくのがいいでしょう。お産プランについての相談も受け付けてくれるはずです。

助産師外来を行っている施設はまだそれほど多くありませんが、徐々に増える傾向にありますから、あるかどうかチェックしておきたいものです。お産は人生最大のイベントですから、納得して臨むということがとても大切です。

出産準備教室

多くの産科施設において母親学級などの出産準備教室が開催されています。内容は施設によって様々ですが、その施設でのお産の進め方や、入院の際に準備するものなどの説明がありますので、できるだけ参加した方が良いでしょう。

また、それとは別に、自治体の保健所なども両親学級を開催していますが、こちらは、陣痛のときの過ごし方やお産の進み方、沐浴のやり方など、より一般的な内容になると思います。友達作りの機会にもなりますので、こちらも是非利用したいものです。

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.