妊婦健診と検査

妊娠中は、母子ともに経過が順調であるかどうか調べるために、さまざまな健診や検査を行います。定期健診、血液検査、おりもの検査が代表的なものです。

持病を持っていたり、異常が疑われたりする場合などは、必要に応じて別の検査を行うことになります。

定期健診

いわゆる妊婦健診のことです。定期的に検査を行います。

妊娠週数と健診頻度の目安

妊娠~23週 4週間に1度
24週~35週 2週間に1度
36週~40週 1週間に1度
41週~ 1週間に2度

主な検査項目

  • 体重測定
  • 尿検査
  • 血圧測定
  • 腹囲、子宮底測定
  • むくみの有無

血液検査

妊娠期間中に、2~3回血液検査を行います。母子手帳をもらう時に検査の無料券を配布している自治体も多いようです。

妊娠初期の主な検査項目

  • B型肝炎、C型肝炎、A型肝炎
  • 血型・梅毒・淋病・成人T細胞白血病(ATL)
  • HIV
  • 血算(白血球、赤血球、ヘモグロビン、血色素など)

妊娠中期の主な検査項目

  • 血算(貧血検査)
    ※妊娠後期に再度採血する施設もあります。

おりもの検査

主な検査項目

  • B群溶血性レンサ球菌(GBS)
  • クラミジア検査
このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.