女性医師の割合

かつては女性医師といえばかなり珍しい存在でしたが、今では女性の医師国家試験合格者に占める割合が3割を超えるまでになり、医師全体に占める女性の割合は年々大きくなっています。

性別にみた医師数の年次推移及び年齢構成

医師全体に占める女性医師の割合は、1975年には10%にも満たない状況でしたが、次第に増え2006年には17.2%を占めるまでになりました。女性医師の年齢構成を見てみると、20代30代の比較的若い医師で全体の半数以上を占めており、ここ最近で特に増えて来たということが改めて分かります。男性医師の年齢構成と比較してみると、その違いは明らかです。

性別にみた医師数の年次推移

性別にみた医師数の年次推移

女性医師の年齢構成(2006年)

女性医師の年齢構成(2006年)

男性医師の年齢構成(2006年)

男性医師の年齢構成(2006年)

医師・歯科医師・薬剤師調査(平成18年度)より

医師の診療科別の性別構成割合

出産育児に関する診療科における女性医師の割合を見てみると、小児科が31%余りと主な診療科の中では2番目に高い割合で、産婦人科も22%余りと平均より高い割合でした。

ちなみに、最も割合が高かったのは皮膚科で、逆に割合が低かったのは外科関連や泌尿器科、肛門科などの診療科でした。

医師の主たる診療科別の性別構成割合(2006年)

医師の主たる診療科別の性別構成割合(2006年)

医師・歯科医師・薬剤師調査(平成18年度)より
(2009年9月4日)
このページの先頭へ
Copyright(C)2004-2011 お産子育て向上委員会 All rights reserved.