医師数の年次推移

医療施設に従事する医師数の年次推移

新聞やテレビなどで、医師不足の問題が取り上げられることがありますが、具体的に医師の数はどうなっているのでしょうか。下のグラフを見ると、医師の数は少しずつではありますが増えていることが分かります。この間、人口は200万人余り増えていますが、人口10万人あたりの医師数も1994年には177人でしたが、2006年には209人とわずかですが増加しています。これはどういうことでしょうか。

これには、医師の診療科間の偏在、及び地域間の偏在の問題が関わっているのではないかと考えられます。すなわち医師数が増加している診療科がある一方で、特定の診療科で医師数が減少し、医師不足が深刻化しているということ。また、東京などの大都市で医師数が増加する傾向がある一方で、郡部などの過疎地域で医師が減少しているのではないかということも推測されます。

医療施設に従事する医師数の年次推移

医療施設に従事する医師数の年次推移

(厚生労働省、医療施設従事医師・歯科医師数の年次推移,病院-診療所・診療科名(主たる)別2006年より作成)

都道府県別医師数の比較

都道府県別に、医療施設に従事する医師数を比較した下の表を見ると、上位5県と下位5県ではかなりの差があることが分かります。しかし、必ずしも大都市圏で人口あたりの医師数が多く、比較的人口の少ない都道府県で人口あたりの医師数が少ないとも言えないことが分かります。

医師数上位5県(人口10万対)
都道府県名 医師数(人口10万対)(人)
京都府 272.9
徳島県 270.1
東京都 265.5
高知県 263.2
福岡県 262.8
医師数下位5県(人口10万対)
都道府県名 医師数(人口10万対)(人)
埼玉県 135.5
茨城県 146.7
千葉県 153.5
静岡県 169.9
青森県 170.5
厚生労働省、平成18年医師・歯科医師・薬剤師調査、人口10万対医療施設従事医師数の年次推移,従業地による都道府県-16大都市・中核市(再掲)別より作成

千葉県の市町村別医師数の比較

一つの都道府県の中でも人口の多いところと少ないところとがあり、都道府県の平均値だけではその実態がつかめない恐れがあります。千葉県の市町村別の医師数を比較すると、下の表のようになります。上位5市町村と下位5市町村では相当の差があることが分かります。
下位の市町村では、近隣の市町村にも大きい病院がないこと場合もあり、救急車で数10キロも離れた病院に患者を搬送せざるを得ないこともあります。さらに、銚子市民病院のように地域の中核の病院が閉鎖の危機に陥っているところも少なくなく、住民は医師不足の現状を実感しているのではないかと思われます。

医師数(人口千対)上位5市町村
都道府県名 医師数(人口10万対)(人) 医師数(人)
印旛村 13.8 177
鴨川市 8.2 297
旭市 3.9 273
千葉市 2.4 2,280
浦安市 2.2 352
医師数(人口千対)下位5市町村
都道府県名 医師数(人口10万対)(人) 医師数(人)
酒々井町 0.3 7
本埜村 0.3 3
睦沢町 0.3 2
長生村 0.3 4
御宿町 0.4 3

千葉県統計指標2008よりデータを抽出して作成(2006年12月31日時点)

千葉市を除く、医師数(人口千対)上位の市町村は、いずれも中核となる総合病院を持っています。

印旛村 日本医科大学千葉北総病院
鴨川市 亀田総合病院
旭市 国保旭中央病院
浦安市 順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院

診療科別医師数の年次推移

診療科別に1996年から2006年までの医師数の年次推移を見てみると、主な診療科では内科、外科、産婦人科の医師数が大きく減少しています。その一方で精神科、整形外科、消化器科(胃腸科)、循環器科といった診療科の医師数が増加しています。また増加率が大きい診療科には、美容外科、リウマチ科、心療内科、リハビリテーション科(理学診療科)などがあります。

ちなみに小児科医は900人余り、率にして6.7%ほど増加しており、これは少し意外な気がするのではないでしょうか。

医師数の減少が大きい主な診療科
診療科名 増減数(人) 増減率
内科 -2,276 -3.1%
外科 -3,345 -13.4%
産婦人科 -1,190 -10.6%
医師数の増加が大きい主な診療科
診療科名 増減数(人) 増減率
精神科 2,381 23.6%
整形外科 2,447 14.9%
循環器科 2,697 40.1%
(厚生労働省 医療施設従事医師・歯科医師数の年次推移,病院-診療所・診療科名(主たる)別2006年より作成、産婦人科の医師数については、主たる診療科名が産婦人科と産科の医師数を足したものとして計算しています。)
(2009年7月20日)
このページの先頭へ
Copyright(C)2004-2011 お産子育て向上委員会 All rights reserved.