おしゃべり会「予防接種」

8月に開催した予防接種講演会の振り返りを兼ねて、予防接種をテーマにしたおしゃべり会を10月2日若草助産院で開催しました。参加者は8名、進行は会員の鳥海さんにお願いしました。

「上の子から5年経ち、予防接種の数がだいぶ増えたと感じる」「打つ打たないで夫と意見が合わない」「子どもが百日咳にかかって入院することになり大変だった」等々いろいろな話が出ました。今回のおしゃべり会では、皆さんが本やインターネットなどでとてもよく調べて考えているということを感じました。実際に予防接種を打つか打たないかはそれぞれだと思いますが、自分で調べ、考えて判断するということはとても大切なことで、
私たちの目指す形でもありますので嬉しく思いました。

一つ気になった話があります。あるお母さんが定期健診で予防接種を受けていないことを小児科医に見とがめられて1時間も説教されたというのです。厚労省のHPでも、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解した上で、受けるかどうか判断するように書かれているのに、医師が予防接種を受けさせないことがあたかも悪いことのように責めるのは非常に問題があると考えます。(哲)

このページの先頭へ
© 2004-2015 お産子育て向上委員会.