講座「布ナプキンで快適に」を開催

助産師 内堀由美子

12月9日、千葉市男女共同参画センターまつりで、布ナプキン講座を開催しました。内容は、まずは月経の仕組みについて簡単におさらいし、参加者のみなさんの月経の悩みについて共有しました。布ナプキンの初心者の方が多く、紙ナプキンによる、装着の蒸れや不快感、また月経痛や、気分の低調などの意見があり、皆で共感しあいました。続いて、紙ナプキンの原材料とその安全性についての話、そして経皮吸収率の話、それから、布ナプキンのご紹介と使い方、洗濯の仕方まで、一通りお話しさせて頂きました。

紙ナプキンの安全性というところを皆さん興味深く聞いてくださり、紙ナプキン= 紙ではないんだということで、驚かれていたように思います。アンケートでも、全員の方が布ナプキンを使ってみたいという回答を書かれていて、この講座がそのきっかけになってくれたら嬉しいなあと思いました。

しかし、2ヶ月前から告知し、大盛況のおむつなし育児でも声をかけていたのですが、参加者が少なかったです。子育てで一生懸命で、自分のケアには手がまわらないという、母親中心型の日本の育児を見たようで少し残念でした。ぜひお母さんたちが、まず布の気持ち良さを体験してみることは、布おむつのモチベーションを高めることにつながると思います、ぜひ試してみてほしいなあと思いました。布ナプキンが今後も広がるように、啓蒙活動を続けて行きたいと思います。

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.