若草助産院でのボランティア体験を通して

千葉大学  一重牧子

私は現在、看護系の大学に通い助産師になるための勉強をしている最中の学生です。大学の春季休業を利用して、少しでも助産のことに携わることができたらいいなと思い、若草助産院さんのほうでボランティアさせていただいております。理事長さん、助産師のみなさん、妊娠中、またはご出産なされたお母さん、お父さんやその子供たちと時間を共有する中で、多くを考え、感じ、学ぶことができています。若草助産院で、妊娠期から出産、育児にあたるまで私が見て、聞いて、感じたことについてご紹介させていただきます。

まず一番にお産は生理的な営みです。そうであるために母親が本来持っている力を引き出すことが大切であるという考えに気付かされました。まず、妊娠期に自分の体を知ることから始めます。助産師が妊婦さんの体と心を総合的にみて、よりよいお産になるために必要となることを判断していきます。そして、食生活や運動についてアドバイスをしたり、悩みの相談にのったりとその人その人に合わせてケアをしていく様子がみられました。

ここで大切なのは、助産師が一人ひとりの個性を大事にし、その人に一番合った方法で対応できるようにしているところです。例えば、お料理が苦手なお母さんだっているだろうし、シングルマザーで頑張るお母さん、初産でこれから先の育児に不安を持つお母さん、というふうに人間みな様々です。そういったお母さんたちに対し、様々な視点、方法で解決策を導きだす姿に専門職としての力を感じました。

妊婦健診においても、お母さんとお話しできる時間をしっかりとり、妊婦さん一人ひとりと向き合う助産師の姿がみられました。終始おだやかな、あたたかい空気のなかで健診は行われ、終わった後に「あー、気持ちよかった。」と多くの妊婦さんがおっしゃっていたのが印象的です。なかなか病院での妊婦健診で気持ち良さを感じられるということは少ないと思います。こういったところも助産院の魅力の一つのように感じました。

出産の場面においては、助産師はあくまで黒子であり、主体はお母さんと家族です。しかしながら、いざとなったとき頼れるのはやはり助産師なのだと実際に出産をご経験なされた方からお話しをいただきました。手の当て方・さすり方が絶妙であったり、ずっとそばについて励ましてくれたりと、影の存在でありながらお母さんの身体面と精神面をしっかり支えています。お母さんにとってお産の経験が良い思い出になるのも、思い出したくないものになってしまうのも助産師のケアの在り方次第という面が大いにあると思いました。母児ともに健康で安全な出産であることと同時に、お母さんに“自分でこの子を産めた”という達成感をしっかり味あわせてあげられるようにすることもとても大切ことだと学びました。もう一度産みたいとお母さんに思ってもらえるようなお産にすることが助産師を目指す私の目標です。

分娩教室に参加されていた一人のお父さんがとても印象に残っています。このお父さんは妻の妊娠、出産、育児について感じている不安や疑問を自分の思っている通り素直に吐露してくれました。そのおかげで父親の関わり方というものについて考えるきっかけをいただいたと思っています。自分の思っている以上に、妊娠・出産というのは父親にとってイメージや理解のしにくさがあるのだとわかりました。

赤ちゃんは妊娠何週で生まれてくるのだろう、妻が陣痛で苦しんでいるとき自分はどうしたらよいのだろう、自分に育児なんてできるのだろうか等疑問や不安を抱えていらっしゃいました。そのひとつひとつに助産師がわかりやすく説明をし、経験者からの話なども取り入れて安心を促すと、お父さんは一生懸命メモをとりながら熱心に聞いていらっしゃいました。また立ち会い出産の素晴らしさについて助産師さんからお話しをいただいたときは私自身も聞き入ってしまいました。

父親は妊娠期からおなかの中で赤ちゃんの存在を感じられる母親とは異なり、父親になるという実感がわきにくいものです。しかし、出産に立ち会い妻のサポートをすることで二人で産んだ子だと感じられ、愛着がわきやすく、その後の育児にもスムーズに携わっていけるのだと学ぶことができました。

さらに若草助産院では、母乳育児サークル、若草ご飯の会、味噌作りなどのイベントも開催しています。こういった催しがあることでお母さん同士の交流の場となり、育児について情報交換したりお母さん自身のストレス発散の場となったりしています。出産後もお母さん同士、また助産師と繋がりを持てる場としてとても素晴らしいことだなあと思います。

まだ若草助産院さんでお世話になり始めて1か月ほどですが、すでに多くを学びとても濃い時間を送らせていただいております。これから助産師を目指していくにあたり、ここで得た体験はとても貴重なものとなると思います。こういった機会をいただけたことに感謝し、これからも学びを深めていきたいと思っています。

このページの先頭へ
© 2004-2014 お産子育て向上委員会.