母乳育児

母乳育児を始めましょう

母乳育児を始めませんか

母乳で赤ちゃんを育てることは自然なことです。赤ちゃんを妊娠して、無事に出産できたら、たいていのお母さんがおっぱいで赤ちゃんを育てる事ができます。人工乳が普及したこともあり、人工乳は楽、母乳育児は大変、というイメージがあるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。 確かに、母乳育児は慣れるまでは少し大変な面がありますが、コツをつかめば、意外に簡単にできるものです。

赤ちゃんには母乳が一番です。母乳は、栄養的に優れているだけでなく、赤ちゃんの免疫力を高めたり、顎の発達を促してくれたりします。その他、お母さんと赤ちゃんの絆が深まるなど、さまざまな利点があることはよく知られていることです。

母乳育児についての知識や情報は、本やインターネットにたくさんありますし、困った時に相談したり、指導が受けたりする所もありますので、無理せず母乳育児を始めてみませんか。きっと育児がより楽しく、充実したものになるに違いありません。

ほとんどの人が母乳で赤ちゃんを育てられます

初めての赤ちゃんを母乳で育てることに不安を感じる人もいるかもしれませんが、きっとできます。自信を持って下さい。当たり前のことですが、昔は人工乳などというものはありませんでしたから、お母さんは皆、赤ちゃんを母乳で育てていました。お母さんがどうしても母乳が出ない場合や、早くに亡くなってしまった場合などは、もらい乳をするということもあったようですが、ほとんどの人が自分の母乳で赤ちゃんを育てていたはずです。

母乳で赤ちゃんを育てたかったのだけれど、出産した産院で「あなたは母乳が出ない」といわれ断念した人は少なくないようです。確かに、体質的に母乳の出やすい人と、そうでない人とがいます。母乳が出やすい人は、特に準備をしていなくても、自然に母乳が出てきますが、出づらい人は、それなりに事前に準備をしていた方がいいかもしれません。

しかし、たとえ準備をしていなくても、産院で母乳育児について適切な指導が受けられれば、たいていの人は母乳で赤ちゃんを育てられるはずですが、指導者の不足などもあり、実際には、お産で手一杯で母乳育児までは手が回らないといった施設が少なくありません。そうした時に、逃げの手段の一つとして「あなたは母乳が出ない」ということがあるということは覚えていた方が良いでしょう。つまり、仮に母乳が出ないと言われたとしても、すぐに諦める必要なないということです。

そもそも、母乳育児については、スタンダードな指導法が確立されているとは言えず、施設ごとに指導のあり方が異なるのが実情です。母乳育児をやってみたいという人には大変な状況ですが、それだけに、周りから多少否定的なことを言われたくらいではあきらめず、母乳育児を積極的に推進している団体や施設などから情報を集めたり、実際に母乳で赤ちゃんを育てた人などに相談したりしてみましょう。本当に母乳が出ない人は、全体の数パーセントほどしかいないとも言われているのですから。

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.