お産子育て向上委員会について

お産子育て向上委員会とは

子どもを産み育てやすい地域環境作りを目指して

お産子育て向上委員会は千葉市を拠点とし、子どもを産み育てやすい地域環境作りを目指して活動しているNPO法人です。2004年6月に発足、翌年6月にNPO法人になりました。おもに、妊娠・出産・育児に関する情報やサービスの提供、教室・講座の開催、市民や医療、保育関係者等との交流会の開催などの事業を行っています。

活動の種類活動の3つの柱

お産へのこだわり

お産は、家族に、新たな一員を迎え入れることであり、また、子育ての大切な第一歩でもあります。特に、女性にとって、お産は痛みと危険を伴うものであり、人生最大のイベントの一つといえるでしょう。ところが、実際には、子育てには意識が行っても、お産となると、当事者である妊婦さんを含めて、意外なほど関心が薄いようです。

ほとんどのお産は病院・診療所で行われるため、どうしても医療者任せになってしまうということもあるかもしれません。しかし、リスクがあるとはいえ、お産は本来自然なことであり、専門家に任せておけばいいというものではありません。妊婦さんとその家族は元より、社会全体として、お産についてもっとよく知り、考えていくということは、とても大切なことです。いいお産は、いい子育てにつながります。私たちは、もっとお産にこだわりたいと思っています。

活動への取り組み

市民の立場で考える

お産や子育ては時期のもので、大変ですが、あっと言う間に過ぎてしまいます。その時は、こんな仕組みはおかしいとか、あんなサービスがあったらいいのにとか、色々考えて、何とかしたいと思ったりするのですが、過ぎてしまうと大抵すっかり忘れてしまうものです。仕方がないですよね、だって次から次へと、やることが出てくるのですから。ただそれでは、お産や子育ての環境はなかなか良くなっていかないのは確かです。

私たちは、出産育児環境の整備や支援のあり方を、行政や医療、保育関連の専門家にただ任せておけばいいという風には考えていません。やはり、当事者である市民が、もっと積極的に関わってこそ、本当に出産育児しやすい環境が作られていくに違いないと考えています。私たちは、専門家の方の意見を聞きつつ、市民の立場からの意見や情報を発信していきたいと考えています。

情報の提供だけでなく、自分たちで実際に動く

情報の提供も大事ですが、例えば自然なお産ができる病院や助産院を紹介しても、その数がとても少なくて、自分の周りに全然無ければ仕方がありません。誰かが、いつか作ってくれることを、ただ待っているのではなく、自分たちで直接働きかけて、実現して行こうとすることがとても大切だと考えています。そのためには、他の団体や個人とも積極的に協力、連携していきたいと考えています。

このページの先頭へ
© 2004-2013 お産子育て向上委員会.